« 2013年3月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年4月

iDisplay - iPad・Nexus7をサブモニター化

Idisplay

普段UNIXサーバにログインをしてOSやミドルウェアの設定をすることが多いため、手順書やパラメータシートを見ながら、ターミナル画面で作業をするなんて時には、サブモニターがあるとめちゃめちゃ便利です。

以前は、USBタイプの7インチサブモニターを使用していたのですが、せっかくタブレットを持っているなれば利用しない手はない!ということで、いくつかアプリを試した結果「iDisplay」にたどり着きました。(Nexus7で実装済み)

色々なアプリがリリースされていますが、私が選定するポイントは「USB(有線)での接続ができるもの」が一番重要でした。

・タブレットの充電を気にしなくてよい
モバイル端末のバッテリーは、バックライトが点いているの事により、消費が多くなるため、モニターとしての機能と充電が一緒に出来るUSB接続のものを探していました。
iPhoneに比べてタブレット端末のバッテリーの持ちはいいので、そこまで気にする必要はないと思いますが、使いたいときにバッテリー残量が"0"なんて、結構悲しくなるので。。。


・仕事場でのWiFi接続が微妙
現場によっては、無線LANがないところのほうが多いですし、もし無線LAN環境があったとしても、タブレットを接続させるためには、ネットワーク申請やらセキュリティだったりルール的に微妙です。
では、タブレットは表LANに出ないadhoc系で接続すれば?と思ったのですが、仕事で使用しているThinkPadに同梱されているネットワーク接続管理ツール(Access Connection)がイケてなくて、adhoc系接続は出来ません。(結構頑張りましたが諦めました・・・)
Access Connectionは、各環境のIPアドレス・Proxy・デフォルトプリンタetc...をロケーションプロファイルとして保存でき、ネットワーク接続設定を簡単に切り替えることが可能なので、アンインストールはしたくありません。


色々と書きましたが、PCとタブレットを接続方法をまとめると、以下の3つがあります。
私の環境では、①→②→③の順で松竹梅です。

① USB接続
Photo
今回タブレットは使用目的としては、PCのサブモニターとしての役割なので、インターネットに出る必要はありません。
そのため、この接続方式が一番しっくりきます。(USB接続が出来るアプリが前提)


② adhoc接続
2
USB接続が出来ないアプリの場合には、PCの⇔タブレットをadhoc接続をし、使用用途がサブモニター化なので、有線LANへルーティングしないように設定します。


③ 無線LANを返した接続
3
これは単純で、有線LANを使用せず、PC・タブレット共に無線LANを利用するというものです。


さて、会社からiPadを貸与されたので、Nexus7よりも大きいサブモニター化を!って感じでサクサク作業を開始。

各種アプリを以下からダウンロード。
iDisplay desktop(←PCにインストールする必要があります)
iDisplay for iOS (450円)
iDisplay for Android (450円)

iOS版のiDisplayをインストール。

もろもろ設定。

・・・

・・・・・・USB接続出来ない。

・・・・・・・・・iTunes App Storeに以下のような記載。

ネットワーク接続:
パソコンとiPad / iPhone / iPod touchを同じWi-Fiネットワークに接続する必要があります。

!?

iOS版とAndroid版で、仕様が違うなんてこれっぽっちも考えていませんでした。


数百円とはいえ、想定通りの仕様ではないものを買ったという小さいことは気にしていません。。。(´・ω・`)

気を取り直して!各端末をサブモニターにした画像がこちらです。

iPad(解像度:2048×1536)
上記③で接続。解像度が高すぎて、表示が小さくなり使い物になりません。。。
Img_0026


iPad(解像度:1024×768)
上記③で接続。表示としては一番見やすいです。
Img_0030


Nexus7(解像度:1204×800)
上記①で接続。若干表示が小さいのが気になります。
Img_0028


なんとか、サブモニター化することが出来ました。

では、気になるラグについてですが、やはりソフトウェア的な処理になるため、若干気になりますが、使用用途がマニュアル等の参照のみなので、まったくもって問題ありません。
※サブモニターにゲーム画面を表示した場合には致命的になると思います。

その他、気になったところは、サブモニターの解像度が変更できない点です。
以下の画像①の様にグレーアウトされ、変更出来ません。

_01


また、サブモニターへのミラーリング(メインモニターと同じ内容の表示)する場合には、上画像②を「表示画像を拡張する」→「表示画像を複製する」に変更すると思うのですが、以下のようにエラーが出てミラーリングは行えません。

_02


またまた、iTunes App Storeを確認したところ、以下のように書いてあるのに・・・環境?ドライバー???

iPad, iPhone もしくはiPod touchがあなたのパソコン (Mac/Windows) のセカンドディスプレイに!
iDisplayを使用することによって、作業効率をアップさせましょう。
iPad / iPhone / iPod touchを双方向性ワイヤレスディスプレイとして使えるiDisplayは、デスクトップ画面を拡張したり、メインディスプレイと同じ画面を他のデバイスで表示させたりと、マルチタスクをこなすユーザーにとって最高のツールとなること間違いなし!

ミラーリングで使用することは考えていないので、今回は無視しますが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のあこがれジョニ黒、サントリーの戦略的な終売商品 白州10年購入

Img_0019

2〜3ヶ月に一度の恒例行事、ハードリカー購入の時期になりました。
今回は、JOHNNIE WALKER BLACK LABELと白州10年を購入しました。
本当は、イチローズモルトのチビダルかポートパイプが欲しかったのですが、家飲みで9,000円のお酒はちょっと高い・・・
ジャパニーズウィスキーは美味しいんだけど高いですね。

・JOHNNIE WALKER BLACK LABEL(ジョニ黒) - 2,000円
昭和30年代、ジョニ黒は1本1万円で売られており、当時の大卒初任給が5,000円だったことを考えると、ちょー高級なお酒でした。
もちろん、そんな昔のことは知らないですが、会社の上司(部長)曰く「昔はボーナスが出たら、ジョニ黒のボトルを入れるのがステータスだったんだよ。」と。
何年前の話なのか微妙なところですが、今の物価にすると3万円くらいなのかな。
ちなみに、「友達に飲まれちゃうんだけどね」とも付け加えていましたw

現在は、ご覧のとおりリーズナブルな価格となっていますが、ウィスキー(スコッチ)に慣れていない日本人にとっては、比較的飲みやすい部類の洋酒になるのではないでしょうか。

なお、JOHNNIE WALKER自体は、世界で一番飲まれているスコッチと言われているようです。
(F1のマクラーレンチームのスポンサーにもなるJOHNNIE WALKER)

Mika_hakkinen_2006_goodwood


・白州 10年 - 3,600円
以前ジャパニーズウィスキーにハマった時に、結構飲みましたがピート感が絶妙で好きです。
しかし、サントリーさんの戦略(?)なのか、ここ数年で色々なことをやられています。
山崎・白州の10年は結構前に終売になったため、10年物は各店舗にある在庫のみという状況です。
なので、今回飲み納めかなと思いつつの購入です。
しかし、味も薄くなったという噂もあるなか、マッカラン18年の4,000円値上げについては頂けないな。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イナダを捌く

Img_0011

シーズン的にカレイのいいものがないかなと思いつつ、恒例の角上魚類に行きました。
カレイ・ヒラメは捌いたことがないのですが、「柳包丁を使えばなんとなくできますよ。」と、いつもお世話になっているふるけんのオーナーに聞いたので、調理してみたかったのですが、刺身にするには小さい煮付けサイズのものばかり。

そうそうにヒラメを諦め、鯵のなめろうでも作ろうかなと、鯵二匹(150円×2)の購入を検討。
しかし、鯵の隣にイナダ(450円)が・・・イナダの旬にはちょっと早いけどコスパ的に即決。

いつもどおり、店員:「どうしましょう?」 私:「そのままで」って感じのやり取りをして、一番型のいいものをビニール袋に入れてもらいました。
他のお客さんは、刺身までしてもらっているようですが、自分で調理するのが目的でもあるので、いつも一匹丸ごとで購入します。

このサイズならば、我が家にある小出刃でも十分対応出来るので3枚おろし。
ガンバラ(腹骨)を取り除くのが苦手で、いつも厚く切り取ってしまう。。。一番美味しいところなのに。
(内臓系が閲覧注意なので、写真は撮っていません)

半身は刺身にしました。
相変わらず、刺身を引くのは下手くそです。

Img_0013


全て刺身で食べるには量が多いので、残りの半身は唐揚げにしました。

①刺身よりちょっと大きめに切り身にする。
②"①"を醤油(大さじ3)・酒(大さじ3)・味醂(大さじ1)・すりおろした生姜(少々)のタレに30分漬け込む。
③"②"に片栗粉をまぶして、170℃の油で揚げる。

Img_0012


アラはあら汁にしました。
あら汁はいつも大量になってしまい、飲みきれない状況に・・・

Img_0014


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPadカスタマイズ~とりあえずロック画面を変えてみた~

Img_0005

iPhoneは訳あって・・・入獄中。
今後は、iPadで遊びたいと思い「とりあえず」ですが、iPadのロック画面を変更しました。(会社貸与物)

・Tap To Unlock
iPhone用のテーマををiPad用に微修正しました。
iPhoneカスタマイズ~ロック解除スライダー変更 - Tap To Unlock Padlock iOS6~

・ロックスクリーン
気に入る背景(壁紙)が見つかるまでのテンポラリとして、「LS Elegant Peace」をベースに、時計・カレンダー・天気の位置・フォントサイズを微修正しました。
しかし、1536×2048(px)か・・・探すよりも自分で作ったほうが早かったりするかな。。。


さて、昨日から気づいていたのですが、Lightningケーブルで、PC⇔iPadを接続したところ「充電していません」の表示。
"いきなり初期不良?"なんて思っちゃうくらい、スペック的なものについて全く無知です。
表示内容から、「iPadを充電するには、バスパワーが足りないのね。」と気づきましたが、USB電源アダプタで充電するよう設計(デザイン)されているなんて素敵です。

Img_0004


というわけで、Appleさんの素敵な電源仕様(設計)により、また鞄が重くなりました。
ちなみに、普段持ち歩く端末は、WindowsPC・iPad・iPhone・Nexus7・PHS、また、それぞれに対応するケーブル・ACアダプター・充電バッテリー。。。
技術進歩と企業努力により、各端末が薄型・軽量化になりましたが、これだけの種類を持っていたら、一昔前よりトータルの重量は増え日々筋トレ状態です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更だけど・・・ iPadがやってきた!

Ipad

社内に顔を合わせたくない人・会うと面倒なことを依頼する人etc...が沢山いるため、会社に行くのは定時後と決めていますが、月初の事務処理のため珍しく昼間に会社へ行って来ました。
(最近、会社・現場・お客さん先にも行かず、自宅で仕事していることが多いのですが・・・)

勤務表や領収書等の提出書類をまとめていたら、案の定 部長に捕まり、彼の自席に呼ばれました。
また、面倒な依頼・お願いごとかな・・・と思っていたら、こんなやり取りが。

部長:「これいる?(iPadの箱を持ちながら)」
私:「どうしたんですか?これ?」
部長:「どうやら前年度予算が多少余ったようで、iPad大量に仕入れたらしいんだよね。」
私:「どう使うとか社内的に決まってるんでしたっけ?」
部長:「いや特に決まりとかないけど、営業だったらあると何かと便利でしょ?」
私:「う~ん・・・」
------------------------------------------------------
理由なく、会社から何かを支給してもらうって、あまり好きじゃないんですよね。
iPadだけでなく、何を買う・使うとコスト(維持費・通信費etc...)がかかるわけで、経費といえばそれまでなんだけど、経費は社員が生み出した大事な利益・実績なわけで、、、なんというか私にとって、経費とは税金みたいな感覚なので、有効活用できないならば使いたくないと思っています。
------------------------------------------------------
部長:「事業部長から『○○に渡せ』って言われているから使ってよ。」
私:「わかりました。」


で、貸与されたのがこちら。iPad(第4世代):16GB(Black) Wi-Fi+Cellular(SoftBank)
初iPadの感想は、、、
「2048x1536の解像度すげー!」
「でかい!っていうか重い!!!」

Img_0209


iPadと一緒に保護フィルムを貰いました。
iPhoneの保護フィルムさえ、まともに貼れない人への挑発だと捉えました。

Img_0210


ケースも貰いました。
スタンドになるのは嬉しいですが、フタの開け閉めでロック/ロック解除の機能がないのが気になります。
保護フィルム+ケースで約6,000円という、お金の使い方はもっと気になります。

Img_0211

Img_0212


Nexus7と大きさを比べてみました。
うーん。でかい。。。使用用途にあった使い分け方を考えないと。

Img_0214


私の他に、事業部長・部長連中に支給されたようですが、ほとんど全員が自分でメールとかのセットアップ出来ないようで、社内でシステム管理者をやっている同期が代わりにセットアップをしていたようです・・・何台も何台も・・・・・・
うちってIT関係の会社じゃなかったっけ?
ちなみに、iOS6.1だったため、早速脱獄したった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年12月 »