« 2013年12月 | トップページ

2014年2月

iPhoneカスタマイズ~dBar for iOS7 - WinterBoardを使用せずにdBar風を表現~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 7.0.4
・脱獄:「evasi0n7」にてJailBreak済
・その他アプリ:TransparentDock 1.1-1、InvisibleFolders 1.0-4、Transparent Icon Selection 0.2-1、Shrink 1.0.7.0、vWallpaper 2 for iOS7/ARMV7/ARM64 0.2.0-14

iOS7にて動作するアプリも出揃った感があり、徐々にカスタマイズを進めている中で、ようやっとホーム画面を変更しました。
今までは、WinterBoardを用いてアイコンやドック背景等を透過し、dBarマスクを表示させていましたが、今回は5つ(以下①~⑤)のツールを用いてdBar風を表現しました。
(WinterBoardで表現するのがわからなかったというのが本音です。。。)

Img_0145


【事前準備】
各ツールを適用する前に以下の画像のようなアイコン配列に変更しておきます。

Img_0163


① TransparentDock
"TransparentDock"を用いてドック背景を透過します。
別段設定は必要はなくCydiaからインストールすることにより、透過することが可能です。

Cydiaから"TransparentDock"をインストールします。

Img_0159


"TransparentDock"インストール後、以下のようにドック背景が透過されます。

Img_0164


② InvisibleFolders
"InvisibleFolders"を用いて、フォルダを透過します。
こちらも、設定は必要なくCydiaからインストールのみとなります。

Cydiaから"InvisibleFolders"をインストールします。

Img_0158


"InvisibleFolders"インストール後、以下のようにフォルダが透過されます。

Img_0165


③ Transparent Icon Selection
"Transparent Icon Selection"を用いて、各種アイコンを透過します。

【Transparent Icon Selection設定手順】
(1) Transparent Icon Selectionインストール
Cydiaから"Transparent Icon Selection"をインストールします。(リポジトリ:http://kindadev.com/apt/)

Img_0151


(2) Transparent Icon Selection設定
「設定」画面にて、[Transparent Icon Selection]を選択します。

Img_0152


「Transparent Icon Selection」画面にて、[Remove Darkeing Overlay]を"ON"にし、[Disable in Applications]を選択します。

Img_0153


「Disable in Applications」画面にて、透過したいアイコンを"ON"にします。

Img_0154


Respring後、以下のようにアイコンが透過されます。

Img_0166


④ Shrink
"Shrink"を用いて、各種アイコンラベルを透過します。

【Shrink設定手順】
(1) Shrinkインストール
Cydiaから"Shrink"をインストールします。

Img_0155


(2) Shrink設定

「設定」画面にて、[Shrink]を選択します。

Img_0156


「Shrink」画面にて、[PAGE ICONS]/[DOCK ICONS]内の"Label Scale"を"Hidden"に設定します。

Img_0157


設定後、以下のようにアイコンラベルが透過されます。

Img_0167


⑤ vWallpaper 2 for iOS7/ARMV7/ARM64
これまでは、WinterBoardを用いてdBarマスクを表示させていましたが、vWallpaperを用いて表示させます。
なお、dBarマスク(dBar@2x~iphone.png)は、今まで使用していたものを流用しました。

【dBarマスク(dBar@2x~iphone.png)】
Dbar2xiphone


【vWallpaper 2設定手順】
(1) vWallpaper 2 for iOS7/ARMV7/ARM64インストール
Cydiaから"vWallpaper 2 for iOS7"をインストールします。(リポジトリ:http://deb.danstaface.net/)

Img_0146


(2) dBarマスク配置
dBarマスク(dBar@2x~iphone.png)をifunbox・iFile等を用いて"/var/mobile/Media/vWallpaper2/PictureMask"に配置します。

(3) vWallpaper 2設定
vWallpaper 2を起動します。(vWallpaper 2アイコンをタップ)

Img_0147


「vWAllpaper 2」画面にて、[Manage current theme]を選択します。

Img_0148


「Manage current theme」画面にて[SPRINGBOARD: PICTURE MASK]箇所を"Enabled"にし、[Settings]を選択します。

Img_0149


「Select Picture Mask」画面にて、[PICTURES FROM GLOBAL DIRECTORY]内の上記"(2) dBarマスク配置"したファイル名を選択します。

Img_0150


設定後、以下のようにdBarマスクが表示されます。

Img_0168




| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ