5,000円以下

大人のあこがれジョニ黒、サントリーの戦略的な終売商品 白州10年購入

Img_0019

2〜3ヶ月に一度の恒例行事、ハードリカー購入の時期になりました。
今回は、JOHNNIE WALKER BLACK LABELと白州10年を購入しました。
本当は、イチローズモルトのチビダルかポートパイプが欲しかったのですが、家飲みで9,000円のお酒はちょっと高い・・・
ジャパニーズウィスキーは美味しいんだけど高いですね。

・JOHNNIE WALKER BLACK LABEL(ジョニ黒) - 2,000円
昭和30年代、ジョニ黒は1本1万円で売られており、当時の大卒初任給が5,000円だったことを考えると、ちょー高級なお酒でした。
もちろん、そんな昔のことは知らないですが、会社の上司(部長)曰く「昔はボーナスが出たら、ジョニ黒のボトルを入れるのがステータスだったんだよ。」と。
何年前の話なのか微妙なところですが、今の物価にすると3万円くらいなのかな。
ちなみに、「友達に飲まれちゃうんだけどね」とも付け加えていましたw

現在は、ご覧のとおりリーズナブルな価格となっていますが、ウィスキー(スコッチ)に慣れていない日本人にとっては、比較的飲みやすい部類の洋酒になるのではないでしょうか。

なお、JOHNNIE WALKER自体は、世界で一番飲まれているスコッチと言われているようです。
(F1のマクラーレンチームのスポンサーにもなるJOHNNIE WALKER)

Mika_hakkinen_2006_goodwood


・白州 10年 - 3,600円
以前ジャパニーズウィスキーにハマった時に、結構飲みましたがピート感が絶妙で好きです。
しかし、サントリーさんの戦略(?)なのか、ここ数年で色々なことをやられています。
山崎・白州の10年は結構前に終売になったため、10年物は各店舗にある在庫のみという状況です。
なので、今回飲み納めかなと思いつつの購入です。
しかし、味も薄くなったという噂もあるなか、マッカラン18年の4,000円値上げについては頂けないな。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤次郎作 白紙鋼 小出刃(120mm)・柳刃(210mm)購入

4020039004


家の近所に「角上魚類」が入った大型のスーパーが出来たので、散歩がてら出かけて来ました。
その日によって、魚の種類・入荷量はまちまちのようですが、さすが鮮魚の専門店だけあり、普通のスーパーとは品揃えが違います。
こちらのお店では、色々な種類の魚が一匹丸ごと陳列されているのが目玉のようで、小さめのアンコウまで売っていました。
買い物をしている人を見ていると、大体がお店の人に下ろすのをお願いしていましたが、鯵や鰯くらい自分で捌きませんか?

※ 角上魚類とは ・・・ 日本の鮮魚小売業者。前身は江戸時代から続く網元兼卸問屋で現在は鮮魚専門店を独立型の単独店やショッピングセンターのテナントなどとして出店している。


近くにいい気分転換の場(?)が出来たので、ちゃんとした包丁が欲しくなり、色々と調べてみました。
いつも使用するようなものではないので、メンテナンスが楽な安いステンレス製にしようかと思いましたが、「研いでもすぐに切れなくなる・・・」等のレビューが多々あり、一応鋼にしました。
本当はグローバルの購入を検討したのですが、価格的に折り合いがつかず・・・
で、私が購入したのが、こちらになります。

Img_0040

・ 藤次郎作 白紙鋼 小出刃(120mm):4,500円 【上記画像:右】
大きな魚は下ろさないと思うので小出刃で十分です。

・ 藤次郎作 白紙鋼 柳刃(210mm):4,000円 【上記画像:左】
普通の包丁でも良かったのですが、皮を剥ぐ・刺身に切り分けるのは、柳包丁の方が綺麗に出来ます。

道具はある程度揃ったので、週末の楽しみが一つ増えました。
骨抜きはあるので、後は、うろこ取りが欲しいところです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノハイパーの巻

「・・・ごめんなさい」

「こういうとき、どういう顔すればいいのか、わからないの」

「笑えばいいと思うよ」

というわけで、最近大笑いをしていないなぁ・・・と感じ、「伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノハイパーの巻」を購入しました。

Img_0757


【商品説明】
みんなでお酒を飲みながら仲良くドミノ倒しをやろう!ということで集合した伊集院光と13人のメンバー。
開始早々現場は悪夢へと化した。
酒乱がドミノをするとどうなるかをとくとご覧あれ!

【出演】
伊集院光
ぶっちゃあ(ブッチャーブラザーズ)
イマニヤスヒサ
桐畑トール(ほたるゲンジ)
オテンキ
根木田拓也(ジェニーゴーゴー)
大坪康之(大坪益戸)
桜井宗忠(スカイラブハリケーン)
田代さやか
ゆみみ(マリア)
メグちゃん
ロリィタ族

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自宅でフォアグラ

近所のスーパーへ夕食の買い出しに行ったら、フォアグラが目に入りました。
精肉類が充実しているお店で、牛たん丸ごと1本や、うずらまるまる1羽など取り扱っていて眼的にも楽しい場所です。

しかし、100g約600円は高い・・・とは思ったのですが、思い切ってカゴの中に入れました。(500g↑なので3,000円↑)
自宅用で、フォアグラを購入するのは初めてです。

Img_0752_2


帰宅後、さっそく調理に取り掛かり、相性が良いと言われている大根の上にソテーしたフォアグラを乗せました。
そして、ソースを作ろうとしたところ、バルサミコを切らしているのを失念していました。。。
仕方がないので、バター + 醤油 + フォアグラを焼いた時の脂でソース代用することに。

Img_0754


フォアグラを焼くときに、小麦粉でコーティングをしていたため、周りがカリッとしており、中がジューシーで大変美味しかったです。

全て使い切れなかったので残りは冷凍しています。
次回キノコとあわせてみたいと思います。バルサミコを忘れずに買ってこなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)