[買]

大人のあこがれジョニ黒、サントリーの戦略的な終売商品 白州10年購入

Img_0019

2〜3ヶ月に一度の恒例行事、ハードリカー購入の時期になりました。
今回は、JOHNNIE WALKER BLACK LABELと白州10年を購入しました。
本当は、イチローズモルトのチビダルかポートパイプが欲しかったのですが、家飲みで9,000円のお酒はちょっと高い・・・
ジャパニーズウィスキーは美味しいんだけど高いですね。

・JOHNNIE WALKER BLACK LABEL(ジョニ黒) - 2,000円
昭和30年代、ジョニ黒は1本1万円で売られており、当時の大卒初任給が5,000円だったことを考えると、ちょー高級なお酒でした。
もちろん、そんな昔のことは知らないですが、会社の上司(部長)曰く「昔はボーナスが出たら、ジョニ黒のボトルを入れるのがステータスだったんだよ。」と。
何年前の話なのか微妙なところですが、今の物価にすると3万円くらいなのかな。
ちなみに、「友達に飲まれちゃうんだけどね」とも付け加えていましたw

現在は、ご覧のとおりリーズナブルな価格となっていますが、ウィスキー(スコッチ)に慣れていない日本人にとっては、比較的飲みやすい部類の洋酒になるのではないでしょうか。

なお、JOHNNIE WALKER自体は、世界で一番飲まれているスコッチと言われているようです。
(F1のマクラーレンチームのスポンサーにもなるJOHNNIE WALKER)

Mika_hakkinen_2006_goodwood


・白州 10年 - 3,600円
以前ジャパニーズウィスキーにハマった時に、結構飲みましたがピート感が絶妙で好きです。
しかし、サントリーさんの戦略(?)なのか、ここ数年で色々なことをやられています。
山崎・白州の10年は結構前に終売になったため、10年物は各店舗にある在庫のみという状況です。
なので、今回飲み納めかなと思いつつの購入です。
しかし、味も薄くなったという噂もあるなか、マッカラン18年の4,000円値上げについては頂けないな。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Brace Kitchen Cabinet(ブレス キッチンキャビネット)購入

今の家に引越しをして約1年半経過しましたが、我が家にはオーブントースターがありません。
理由は簡単で、置くスペースがないからです。
正確に言うと、キッチンが狭いので、小さい(細い)キッチンキャビネットを購入して、その上にオーブントースターを乗せようと考えていたのですが、サイズ・デザイン的に気に入るものが見つからず・・・
ちなみに、パンを焼くときには、ガスレンジに備え付けてある魚焼き用グリルを使用しています。


「食器類も多くなってきたし、いっその事オーブントースターはダイニングに置くか?」という発想から、購入したのがこちらです。(Brace Kitchen Cabinet:13,790円)
購入のポイントとしては、今ある家具との調和に重点をおきました。
下画像の右側の棚は以前からあるもので、同じメーカーで同じシリーズ?と間違えそうなくらい、色・デザイン・奥行全て違和感がありません。

Img_0201


左側の収納は、フラップ扉(上下2つ)になっています。

Img_0199


フラップ扉の上段は、引き出しタイプになっていて、奥にコンセントが装備されているので、ここに念願だったオーブントースターを!
下段は、高さ調整可能な棚が1つあるので、更に2段に分けることが出来ます。

Img_0197


右側の収納は、ガラス扉になっていて、高さ調整可能な棚が3つ付いているので、4段に分けることができ、ネコの小春さんも収納可能です。

Img_0198


素材はウォールナット風の化粧合板ですが、デザインが気に入りましたし、何より価格が魅力的でした。
家具(特にソファー)は、飽きたら買い換える前提で考えているので、安いものを選ぶようにしています。
ただし、全て自分で組み立てるタイプなので、ちょっと手間でしたが約1時間程度で完成しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

BookBook for iPhone5 - カラーで値段が違う・・・


長期間使い込んだような風合いの本革を採用し、一見すると古い洋書と見間違えるようなデザインケース「BookBook for iPhone5」が日本で正式に発売されます。
カードや紙幣などを収納できる「BookBook for iPhone」は、一昨年iPhone4/4S向けが発売され、精度の悪い偽物が出まわるほどの、話題・人気を集めたケースです。
そのため、購入は正規代理店での購入をオススメします。


カラー展開は「Classic Black:(上)」「Vintage Brown:(下)」の2色展開。

02


端末がピッタリはまり、スピーカー、イヤホンジャック、音量ボタン、ミュート箇所への干渉は見られません。

03


カバーを閉じた状態でも、イヤホンのケーブルは邪魔にならず使用出来ます。

04


カメラホールは大きく空いており、フラッシュの反射対策もされています。

05


個人的には、iPhone4/4S用のデザインが好みでしたが、操作性を考慮してのことでしょう。
以下のように端末をケースからスライドさせての撮影は手間です。

06


正規販売代理店のフォーカルポイントからBookBook for iPhone5が発売されることになりましたが、以前からアップルストアでは取り扱っていました。
各会社のホームページを確認したところ、おかしなことに気づきました。

・ アップルストア(COLOR:Vintage Brown、PRICE:4,980円)

07


・ フォーカルポイント(COLOR:Classic Black、PRICE:5,980円)

08


各会社で、販売されている色が異なりますが、これは好きな方を購入すればいいので、あまり問題ではありませんが、価格が1,000円違うことにビックリです。
販売元であるTwelve Southのサイトを確認すると、販売価格は$59.99となっているため、間に入っている業者(フォーカルポイント)にて、利益を上乗せしているようには見えません。・・・と言うより、アップルストアが安過ぎる(?)と言うことになります。
メーカーの方も、強気なアップルに対しては、特別対応をしているということでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

a.depeche(ア.デペシュ) - DECO On the rocks glass,Tumbler 購入


世の中には色々なメーカー・種類の食器が存在するのに、本当に自分が気に入った食器に出会う機会は少ないと思います。
特にグラス類になると、形・色・模様・重さ・値段・・・自分の感性にマッチするものは、一年に一度巡り合うか?くらいです。(自分の好みが偏っているのかな...)

そんな中、ロックグラスとしては小ぶりですが、切子模様が綺麗な白/黒のペアを購入しました。(各2,835円)
普段ロックグラスを使用することはあまりなく、かつ食器が増えてきて置き場所に困りそうですが、、、

Img59347579


切子の凹凸が幾何学模様を表現しています。

Img59347461


手作業で切子模様を入れているため、個体差があるようです。

Img59347457


内側にも切子模様が透けて見えます。

Img59347459


グラスの底に「a.depeche」のロゴがさり気なく入っています。

Img59347475


同じシリーズのタンブラーも購入しましたが、こちらは廃盤のため黒のみの購入です。(廃盤セールのため40%OFF:1,890円)
廃盤と聞くと白も欲しかった・・・

Img10062970472


以前は、ショットグラスのシリーズもあったのですが、今後は一番需要があるロックグラスのみのラインナップになるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤次郎作 白紙鋼 小出刃(120mm)・柳刃(210mm)購入

4020039004


家の近所に「角上魚類」が入った大型のスーパーが出来たので、散歩がてら出かけて来ました。
その日によって、魚の種類・入荷量はまちまちのようですが、さすが鮮魚の専門店だけあり、普通のスーパーとは品揃えが違います。
こちらのお店では、色々な種類の魚が一匹丸ごと陳列されているのが目玉のようで、小さめのアンコウまで売っていました。
買い物をしている人を見ていると、大体がお店の人に下ろすのをお願いしていましたが、鯵や鰯くらい自分で捌きませんか?

※ 角上魚類とは ・・・ 日本の鮮魚小売業者。前身は江戸時代から続く網元兼卸問屋で現在は鮮魚専門店を独立型の単独店やショッピングセンターのテナントなどとして出店している。


近くにいい気分転換の場(?)が出来たので、ちゃんとした包丁が欲しくなり、色々と調べてみました。
いつも使用するようなものではないので、メンテナンスが楽な安いステンレス製にしようかと思いましたが、「研いでもすぐに切れなくなる・・・」等のレビューが多々あり、一応鋼にしました。
本当はグローバルの購入を検討したのですが、価格的に折り合いがつかず・・・
で、私が購入したのが、こちらになります。

Img_0040

・ 藤次郎作 白紙鋼 小出刃(120mm):4,500円 【上記画像:右】
大きな魚は下ろさないと思うので小出刃で十分です。

・ 藤次郎作 白紙鋼 柳刃(210mm):4,000円 【上記画像:左】
普通の包丁でも良かったのですが、皮を剥ぐ・刺身に切り分けるのは、柳包丁の方が綺麗に出来ます。

道具はある程度揃ったので、週末の楽しみが一つ増えました。
骨抜きはあるので、後は、うろこ取りが欲しいところです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

お酒の話・・・

自宅では、あまりお酒を飲まないのですが、3ヶ〜4月に一度、ボトルを2本程度購入します。
昔はバーボンばかりでしたが、最近はモルトが多いです。

今回は、ベタにハイランドパーク12年(並行輸入)[2,500円]を購入しました。
個人で購入するのは今回が初めてです。

Img_0017


また、シェリー系が、味・香り共に好きで、こちらのザ・グレンドロナック12年(並行輸入)[2,800円]も初めての購入です。
外で飲んだのは何時だったか…

Img_0018


ウィスキーの話でいえば、山﨑10年、白州10年が終売のようです。
ノンエイジですが、(新)山崎、(新)白州が登場したからでしょうか?
山崎だと、今までのメインどころの12年と、よりリーズナブルなった(新)山崎に固めたという、経営戦略が感じられます。

しかし、マッカランでは…
10年は終売で、12年で600円、18年で4,000円の値上げだそうです。
もう、飲ませる気ないでしょ?としか言いようがありません。
ここ数年で一気に増えた激安居酒屋さんに、プレミアムモルツを一杯100円とかで出させることを許可しちゃったツケでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCケース - BookBook Hardback Leather Case for MacBook Pro 13″購入

Pageheroimages_bookbook2_

仕事では、代々ThinkPadを使用しているのですが、時代なのでしょうか?Lenovoになったからでしょうか?PCの画面が横長のワイドになりました。昔のIBMでは考えられない・・・
そのため、今まで使用していたPCケースに入らなくなり、BookBook 13″(8,980円)を購入しました。

Twelve South ・・・ 販売元
FOCAL POINT ・・・ 日本の販売代理店
※別の商品ですが、BookBook for iPhone 4/4Sでは偽物が出回ったようです。
ご購入の際にはご注意下さい。

私が購入前に一番気にしていたのがサイズです。
Web上で公表されているサイズは、以下になるのですが、私が使用している端末(ThinkPad x220)の縦・横は問題ないようでしたが、高さ(厚み)が一番大きい所で37mm程度あり、PCの方が9mm大きく完全にNGだと・・・

本体サイズ(外寸):約245 (W)×346(H)×40(D)mm
本体サイズ(内寸):約232 (W)×330(H)×28(D)mm

色々なレビューサイトを回ったのですが、ThinkPadで使用している方のレビューが見当たらなく、、、とても悩んだ挙句、勢いで購入しました!

で、私が購入したのがこちらになります。
Redも良かったのですが、なんとなくチープな印象のため、Blackにしました。(実際には、こげ茶ですが)
使い込んだ洋書のデザインで非常にかっこいいです。
画像では分かり難いですが、本の縁に金色の塗装(ペイント)がされており、細かいところまで拘った作りになっています。

Img_1226


ケースの背は、使い込まれた革の表情を見事に再現しています。

Img_1225


ケース開閉局はジッパーで行い、つまみ箇所は、本のシオリをモチーフにしています。

Img_1237


ケースの内側は、クッション性のあるベロア調になっています。

Img_1233


さて、問題のPCが入るかですが、、、
縦・横は勿論、高さ(厚み)もピッタリで問題ありませんでした。
買ってそうそうオークション行きにならずに良かったです。

Img_1236

Img_1235


ただ、他の人のレビューでもあったのですが、開閉するジッパーが操作しづらいと言うのが欠点です。
直線箇所は問題ないのですが、コーナー箇所の作りが、多少歪んでいるため、開け閉めするときにジッパーが引っかかります。
力を入れすぎてジッパーが壊れたと言う報告もあるようなので、気をつけて使用したいと思います。

Img_1232


私個人的なレビュー内容を以下にまとめました。

【良い点】
・ 見た目がかっこいい
  ⇒これが一番でしょう。
・ 予想以上にしっかりとした作り(頑丈)
  ⇒日本企画ではないので、期待していなかったのですが、予想以上にしっかりとした作りでした。
・ PC(ThinkPad x220)のサイズにピッタリ
  ⇒私のかなでは一番満足しているところです。

【悪い点】
・ ジッパーの開け閉めがしづらい
  ⇒使っていると多分壊れます。。。YKKは素晴らしい企業だと再認識しました。
・ 重さ
  ⇒約500gとちょっと重いです。
  ⇒Macbook Proを使っている方だと、+500gと言うのは、かなりのデメリットだと。。。
・ 革の匂いがちょっとキツイ
  ⇒嫌な匂いではないのですが、オフィスではちょっと場違いな匂いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone5用 ハイブリッドバンパー Edge Band BlackRim*Red購入

AppBANK STOREから販売されている、iPhone5用 ハイブリッドバンパー Edge Band BlackRim*Red(1,470円)を購入しました。
※下の画像はiPhone4S用のため、iPhone5用とは若干異なります。

4718_o

フレーム部分はポリカーボネイト、縁の部分はシリコン素材が使われています。
どれにしようか迷ってしまうくらいのカラーバリエーション(30色以上)が用意されています。

製品の製造過程による、個体差が出る例も報告されているようですが、イヤフォン・ジャック、Lightningコネクタ、スピーカーマイク等の機能を制限することなく、きちんと保護するデザインになっています。

Img_1094

ボリュームコントロールもストレスなく操作できます。
また、マナーモードへの切り替えスイッチ箇所は、バンパーの厚みを計算して、少し大きくカットし、指(爪)が入りやすいように考慮されています。

Img_1095

電源ボタンも問題なく操作できます。

Img_1096

私が、本商品を決定するまでのポイントをまとめてみました。

・保護+デザイン性
側面・背面をフルにカバーするケースは、iPhoneのデザイン性を損なうと思っているため、バンパーを選択しました。
なお、傷つき予防として、iPhone本体よりバンパーの方が約1mm程度厚みがあるので、画面・背面が机等に接触することなく置くことができます。

Img_1092

・カラー選択①
私のiPhone5はブラックのため、黒と合うカラーを選択肢としていて、Black×PinkとBlack×Redどちらにしようかと散々迷った挙句、普段使用しているイヤホンケーブルと同色のBlack×Redを選びました。

Img_1101

・カラー選択②
iPhone4Sの時に、純正バンパーを使用していたのですが、縁のシリコン部分が結構汚れるため、シリコン箇所は汚れが目立たない黒と決めていました。

以下は、iPhone4Sの時に使用していた、「Apple iPhone 4 Bumper (ピンク)」です。
画像では、分かり難いですが、結構汚れています。

Img_1100

iPhone5の発売から間もないので、今後多くのアクセサリーがリリースされると思いますが、デザイン・保護機能どちらも満足でしたので、しばらくこちらを使用したいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイソー スマートフォン用液晶保護フィルム(4.3インチ)購入

iPhone4Sの時は、筺体デザインを損なうのが嫌で、保護フィルム無し、ケース無しで使用していました。
正しくは、購入当初 保護フィルムを貼っていたのですが、一度剥がれてから、貼り直しが面倒だっただけですが・・・
しかし、iPhone5のブラックは、背面と側面のアルミ箇所が傷が目立つと、あまりにも言われるので、ちまたで話題のダイソー スマートフォン用液晶保護フィルム(4.3インチ)を購入しました。

Img_1084

こちらの商品は、ダイソーオリジナル商品なのに、なぜかiPhone5の背面アルミ箇所にサイズがピッタリと合うというものです。
たしか、元ネタは2chだったと記憶しています。
WEB上で、かなり話題になっているため、都内のダイソーでは品薄を予想(実際に品薄なのかは確認してません)して、地元のダイソーで購入しました。
また、貼るのに失敗してもいいように、防指紋(光沢なし)、キズ修復(光沢あり)の2つを購入しました。
このような細かい作業は苦手です。。。

防指紋(光沢なし)タイプを貼ったところ、ほぼピッタリのサイズです。
実際には、縦・横共に0.5mm程度 保護フィルムの方が小さいようですが、大きいよりもいいです。

Img_1087

こちらも話題の「アップルとiPhoneのロゴの周囲に気泡ができてしまう」も見事に再現されています。
ちなみに、iPhone5のホワイトならば気泡が目立たないようです。

Img_1085

Img_1086

なお、アップルのマーケティング担当幹部であるフィル・シラーが、ユーザーからiPhone5が傷つきやすいことに対してどうすればいいの?(クレーム?)というメールに対して、以下のように回答しています。[LINK:9to5Mac]

Any aluminum product may scratch or chip with use, exposing its natural silver color. That is normal.

アルミ製品だから、使っているうちに傷や欠けで、地のシルバー色が露出する可能性はある。それは当たり前のことだよ。

「傷を気にしていたら使えないよね。」と一蹴しているようにも見えます。
私も同意見です!
液晶画面が割れたり、iPhone自体が動作しなくなるのは困りますが、少々の傷は気にしては行けないと思いました。
とは言え、保護フィルムを貼りましたが。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nano SIM ⇒ Micro SIM変換アダプタ購入

iPhone5の完全脱獄が出来るまで、iPhone4S(iOS5-脱獄)とiPhone5(iOS6-入獄)を使い分けたくて、Nano SIM → Micro SIM変換するアダプタを購入しました。
買ったのは、こちら(538円)↓↓↓ 名前が長い。。。

Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード

Img_1063

パッケージを開けると、以下の3つのパーツが入っています。
・Nano SIM ⇒ Micro SIM変換アダプタ (画像:下)
・Nano SIM ⇒ SIM変換アダプタ (画像:右上)
・Micro SIM ⇒ SIM変換アダプタ (画像:左上)

Img_1065

試しに、iPhone4S(Micro SIM)へNano SIM ⇒ Micro SIM変換アダプタを使ってみました。

!?・・・カードスロットに収まらない・・・・・・

画像では、わかりにくいですが、赤丸箇所が干渉し浮いています。

Img_1067_2

数百円なので、文句は言いませんが、商品名に"For iPhone 5 4S 4"と記載している以上、サイズの精度大事だと思うのですが・・・
ハサミ、カッター、ヤスリ、おろし金等々でガリガリ削って使えるようにしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)