[iPhone]

iPhoneカスタマイズ~dBar for iOS7 - WinterBoardを使用せずにdBar風を表現~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 7.0.4
・脱獄:「evasi0n7」にてJailBreak済
・その他アプリ:TransparentDock 1.1-1、InvisibleFolders 1.0-4、Transparent Icon Selection 0.2-1、Shrink 1.0.7.0、vWallpaper 2 for iOS7/ARMV7/ARM64 0.2.0-14

iOS7にて動作するアプリも出揃った感があり、徐々にカスタマイズを進めている中で、ようやっとホーム画面を変更しました。
今までは、WinterBoardを用いてアイコンやドック背景等を透過し、dBarマスクを表示させていましたが、今回は5つ(以下①~⑤)のツールを用いてdBar風を表現しました。
(WinterBoardで表現するのがわからなかったというのが本音です。。。)

Img_0145


【事前準備】
各ツールを適用する前に以下の画像のようなアイコン配列に変更しておきます。

Img_0163


① TransparentDock
"TransparentDock"を用いてドック背景を透過します。
別段設定は必要はなくCydiaからインストールすることにより、透過することが可能です。

Cydiaから"TransparentDock"をインストールします。

Img_0159


"TransparentDock"インストール後、以下のようにドック背景が透過されます。

Img_0164


② InvisibleFolders
"InvisibleFolders"を用いて、フォルダを透過します。
こちらも、設定は必要なくCydiaからインストールのみとなります。

Cydiaから"InvisibleFolders"をインストールします。

Img_0158


"InvisibleFolders"インストール後、以下のようにフォルダが透過されます。

Img_0165


③ Transparent Icon Selection
"Transparent Icon Selection"を用いて、各種アイコンを透過します。

【Transparent Icon Selection設定手順】
(1) Transparent Icon Selectionインストール
Cydiaから"Transparent Icon Selection"をインストールします。(リポジトリ:http://kindadev.com/apt/)

Img_0151


(2) Transparent Icon Selection設定
「設定」画面にて、[Transparent Icon Selection]を選択します。

Img_0152


「Transparent Icon Selection」画面にて、[Remove Darkeing Overlay]を"ON"にし、[Disable in Applications]を選択します。

Img_0153


「Disable in Applications」画面にて、透過したいアイコンを"ON"にします。

Img_0154


Respring後、以下のようにアイコンが透過されます。

Img_0166


④ Shrink
"Shrink"を用いて、各種アイコンラベルを透過します。

【Shrink設定手順】
(1) Shrinkインストール
Cydiaから"Shrink"をインストールします。

Img_0155


(2) Shrink設定

「設定」画面にて、[Shrink]を選択します。

Img_0156


「Shrink」画面にて、[PAGE ICONS]/[DOCK ICONS]内の"Label Scale"を"Hidden"に設定します。

Img_0157


設定後、以下のようにアイコンラベルが透過されます。

Img_0167


⑤ vWallpaper 2 for iOS7/ARMV7/ARM64
これまでは、WinterBoardを用いてdBarマスクを表示させていましたが、vWallpaperを用いて表示させます。
なお、dBarマスク(dBar@2x~iphone.png)は、今まで使用していたものを流用しました。

【dBarマスク(dBar@2x~iphone.png)】
Dbar2xiphone


【vWallpaper 2設定手順】
(1) vWallpaper 2 for iOS7/ARMV7/ARM64インストール
Cydiaから"vWallpaper 2 for iOS7"をインストールします。(リポジトリ:http://deb.danstaface.net/)

Img_0146


(2) dBarマスク配置
dBarマスク(dBar@2x~iphone.png)をifunbox・iFile等を用いて"/var/mobile/Media/vWallpaper2/PictureMask"に配置します。

(3) vWallpaper 2設定
vWallpaper 2を起動します。(vWallpaper 2アイコンをタップ)

Img_0147


「vWAllpaper 2」画面にて、[Manage current theme]を選択します。

Img_0148


「Manage current theme」画面にて[SPRINGBOARD: PICTURE MASK]箇所を"Enabled"にし、[Settings]を選択します。

Img_0149


「Select Picture Mask」画面にて、[PICTURES FROM GLOBAL DIRECTORY]内の上記"(2) dBarマスク配置"したファイル名を選択します。

Img_0150


設定後、以下のようにdBarマスクが表示されます。

Img_0168




| | コメント (1) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~FlipControlCenter - コントロールセンターにトグルを追加~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 7.0.4
・脱獄:「evasi0n7」にてJailBreak済
・その他アプリ:FlipControlCenter 0.1

Img_0067

iOS7から搭載されているコントロールセンターでは、Airplaneモード・Wi-Fi等のON/OFFが標準で行えるようになりましたが、トグルを追加する等のカスタマイズ出来ず、機能として中途半端だったため、「FlipControlCenter」を導入しました。イメージ的には、「NCSettings」と同様なものになります。


以下設定方法、および設定項目の説明です。

CydiaからFlipControlCenterをインストールします。

Img_0068


FlipControlCenterをインストールすると「設定」に追加されます。

Img_0069


設定画面は以下のようになっています。

Img_0070


Active Switches

Img_0071

ENABLED/DESABLED(表示/非表示)を選ぶことが出来、選択できるトグルは以下になります。
また、トグルの順番を変更することにより、コントロールセンターに表示される配列を変更できます。
---------------------
Airplane Mode
Wi-Fi
Bluetooth
Hotspot
Rotation
Respring
Cellular Data
Auto Lock
LTE
VPN
Location Services
Do Not Disturb
Ringer
Vibration
Settings
Flashlight
---------------------

Suppressed from Lock Screen

Img_0075

設定することはないと思いますが、ロック画面でのトグル操作を可能/不可能にします。
※各トグルにチェックとつけるとロック画面にて操作不可になります。


Switches Per Page

Img_0073

コントロールセンターでのトグル表示数を2~6に設定できます。
また、「Unpaged」ではスクロール設定となります。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~iOS7脱獄 evasi0n7~

iOS7の脱獄は待ち望んでいたのですが、早い!早すぎる!!!
これまでのiOSと比較して、最大の変化(アップデート)となったiOS7のリリースから約3ヶ月という期間は異例ですし、対応アプリの少なさから見て分かる通り、世界中が度肝を抜かれた!完全に油断していた!という声が聞こえてきそうです。
今現在、MobileSubstrateが対応していないのでは、脱獄してもあまり楽しめそうもないですが、人柱的な意味も含めて実行してみました。

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 7.0.4
・OS(PC):Windows 7 Professional (64bit)
・その他アプリ:evasi0n7 for Windows

事前準備
① バックアップ取得
最悪の場合初期からセットアップし直す覚悟だったのですが、一応iTunes経由にてバックアップを取得しました。

② iPhoneのパスワードロックを解除し、PCへ接続しておきます。
※後続で説明しますが、今回パスワード解除をしていない状況にて脱獄を開始してしまったのですが、、、evasi0n7は優秀でその辺も考慮された作りになっているようです。

③ evasi0n7のダウンロード
evasi0n iOS 7.x Jailbreak - official website of the evad3rsより、evasi0n7をダウンロードし、任意の場所に解凍(展開)しておきます。
※展開先は、"C:\"や"D:\"等のドライブ直下が無難だと思います。
2バイト文字(日本語)ディレクトリや、スペースが入っているディレクトリ階層により、不具合が発生のリスク低減になると思います。

evasi0n7(Jailbreak)実行

ダウンロード→解凍した"evasi0n7.exe"を実行します。

Ws000015


「evasi0n 7 - Version 1.0.0」画面にて、「Jailbreak」をクリックします。
※これ以降、指示があるまでiPhoneは触らないようにします。

Ws000016


Jailbreakが開始され進行状況バーが動き始めます。

Ws000017


しばらくすると「Rebooting device...」の表記の通り、iOSの再起動が走ります。

Ws000018


「To continue, please unlock your device and tap the new 'evasi0n 7' icon.」が表示されたら、iPhone側の操作となります。

Ws000019


以下の「evasi0n 7」のアイコンをタップすると、再びevasi0n7の進行状況バーが動き出します。

Img_0056


再度「Rebooting device...」となり、iOSの再起動が行われます。

Ws000020


「To continue, please unlock your device.」の表記が・・・iPhoneのロックを解除すると、再びevasi0n7の進行状況バーが動き出します。
※事前準備にて記載したパスワードロック解除をしておけば、この表示はされないと思います。

Ws000021


「Done!」が出力されたら、「Exit」をクリックし、evasi0n7を終了させます。
画面ショットも撮れないので、確か・・・ですが、「Exit」の後にiPhoneは自動的に再起動され、起動してきた時にevasi0n7の処理(?)が走ったような気がします。記憶が曖昧ですみません。

Ws000022


上記、Jailbreakを開始してから約5分程度で処理は完了し、無事に"Cydia"のアイコンが表示されました。

Img_0057




| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ〜LowPowerBanner - 「バッテリー残量が少なくなってます」をバナー通知に変更~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 6.1.2
・脱獄:「evasi0n」にてJailBreak済
・その他アプリ:LowPowerBanner 1.4.2

バッテリーが少なくなると、以下のようにポップアップで通知してくれますが、メール等文章を打っている時に表示されるとウザかったりします。

Evernote_camera_roll_20130315_12270


そのため、「バッテリー残量が少なくなってます」の通知をバナー通知に変更出来る「LowPowerBanner」を入れています。
これを入れると、特に設定をしなくても、ポップアップ通知からバナー通知に切り替わります。
なお、DietBulletinを併用しているため、通知バナーがステータスバーサイズになっています。

Evernote_camera_roll_20130315_12473


いつものように「以下設定方法、および設定項目の説明です。」と言いたいところですが…色々と表示をカスタマイズ出来るようで、設定項目の検証に時間がかかるのため今回は割愛します。
一つ一つ設定項目を変更ながら、バッテリー残量アラートの環境(10%・20%)を検証するのは大変で心が折れました。。。

CydiaからLowPowerBannerをインストールします。

Evernote_camera_roll_20130315_12334


LowPowerBannerをインストールすると「設定」に追加されます。

Evernote_camera_roll_20130315_12531


設定画面は以下のようになっています。
バナー通知のアイコン・タイトル・メッセージを変更出来るようです。

Evernote_camera_roll_20130315_12534


| | コメント (0) | トラックバック (0)

BookBook for iPhone5 - カラーで値段が違う・・・


長期間使い込んだような風合いの本革を採用し、一見すると古い洋書と見間違えるようなデザインケース「BookBook for iPhone5」が日本で正式に発売されます。
カードや紙幣などを収納できる「BookBook for iPhone」は、一昨年iPhone4/4S向けが発売され、精度の悪い偽物が出まわるほどの、話題・人気を集めたケースです。
そのため、購入は正規代理店での購入をオススメします。


カラー展開は「Classic Black:(上)」「Vintage Brown:(下)」の2色展開。

02


端末がピッタリはまり、スピーカー、イヤホンジャック、音量ボタン、ミュート箇所への干渉は見られません。

03


カバーを閉じた状態でも、イヤホンのケーブルは邪魔にならず使用出来ます。

04


カメラホールは大きく空いており、フラッシュの反射対策もされています。

05


個人的には、iPhone4/4S用のデザインが好みでしたが、操作性を考慮してのことでしょう。
以下のように端末をケースからスライドさせての撮影は手間です。

06


正規販売代理店のフォーカルポイントからBookBook for iPhone5が発売されることになりましたが、以前からアップルストアでは取り扱っていました。
各会社のホームページを確認したところ、おかしなことに気づきました。

・ アップルストア(COLOR:Vintage Brown、PRICE:4,980円)

07


・ フォーカルポイント(COLOR:Classic Black、PRICE:5,980円)

08


各会社で、販売されている色が異なりますが、これは好きな方を購入すればいいので、あまり問題ではありませんが、価格が1,000円違うことにビックリです。
販売元であるTwelve Southのサイトを確認すると、販売価格は$59.99となっているため、間に入っている業者(フォーカルポイント)にて、利益を上乗せしているようには見えません。・・・と言うより、アップルストアが安過ぎる(?)と言うことになります。
メーカーの方も、強気なアップルに対しては、特別対応をしているということでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~通知センターについて〜

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 6.1.2
・脱獄:「evasi0n」にてJailBreak済

iOS5以降、通知センターが標準搭載され、格段に使い勝手が良くなりましたが、ロック画面・通知センター関連について、私の個人的な使い方ルールがありますので紹介します。

① ロック画面に通知させない
今や携帯端末は個人情報の固まりのため、暗証番号ロックを使用するのは常識だと思います。
しかし、ロックしているにも関わらず、メール等が来た時にロック画面に表示されるのはセキュリティ的にマイナスです。

Img_0065


上記機能はiOS標準機能のため、[設定]→[通知]内の「通知センターで表示するApp」にて、「ロック中の画面に表示」を"OFF”に設定しています。

Img_0064

Img_0063


② ロック画面での通知確認
上記"①"の設定をすると、電話が来ていたのか?メールが来ていたのか?分からない状態になってしまいます。
それを解消するために、2つのアプリを使用しています。

・OpenNotifier
これにより、タスクバー上で何の通知があったかが分かります。
電話、メール、SMS、Twitter、Facebookの通知を表示するようにしています。

Img_0066


・Bulletin
通知されるものによっては、直ぐに対応しなくても良いものもあります。(例えばメルマガ等)
しかし、OpenNotifierだけでは、通知内容までは分かりませんので、毎回右上の通知を確認して、ロック解除して、内容を確認という手順は面倒です。
そのため、ロック画面でも通知センターを表示出来るBulletinを使用してます。

Img_0071


上記から私のロック画面からの通知関連の確認方法は以下になります。

・OpenNotifierでの通知確認→Bulletinで内容を確認→直ぐに対応が必要なもの→ロック解除

・OpenNotifierでの通知確認→Bulletinで内容を確認→直ぐに対応が必要ないもの→放置


iPhoneは個人的な使用のみのため、ここまでする必要はないかもしれませんが、昔からこの辺は気にしています。。。そこまで気にするならば脱獄なんてやめればいいのに・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~dBar[One](iOS6) - 壁紙を手軽に変更~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 6.1.2
・脱獄:「evasi0n」にてJailBreak済
・その他アプリ:WinterBoard 0.9.3911

純正のdBar[One]系を使用していると、壁紙(Wallpaper.png)を変更するために、iFunbox、SSH、iFile等を用いてファイルを差し替え、Respringするという非常に面倒な手順でした。
また、iPhone5にて画面サイズが640px✕1136pxになったこともあり、壁紙もこれに準ずる比率に加工してあげないと、歪んで表示されます。

【640px✕1136pxの画像で適応した場合】
Img_0090

【1500px✕2000px(640px✕1136px以外)の画像で適応した場合】
Img_0091


そのため、Overlay.png、Wallpaper.png、Widget.htmlを使用しないものを作成しました。
HTMLを使用しないため、iOSの「設定」から自由に壁紙を変更することが可能です。

以前の"Overlay.png"は、以下のファイルにて、表現しています。
/Bundles/com.apple.springboard/WallpaperGradientPortraitTop@2x~iphone.png

Img_0087


注意:こちらのテーマを適用すると、以下のようにロック画面でも"WallpaperGradientPortraitTop@2x~iphone.png"が有効になりますので、別途ロックスクリーンのテーマを適用して下さい。

Img_0088


作成したテーマはこちらに置いていますので、ダウンロードしたファイルを解凍し、後述の「環境に合わせたカスタマイズ」を行って下さい。
なお、テーマ名は「dBar [One] - EZ WP for iOS6」としました。


【環境に合わせたカスタマイズ】
以下、①〜⑤について、使用環境に合わせてカスタマイズして下さい。

Img_0092


① WallpaperGradientPortraitTopの変更
以下が同梱されていますので、ペイント系ソフトを用いて、環境に合うよう修正して下さい。
また、iPhone5のサイズ(640px✕1136px)になっていますので、iPhon4やiPhone4Sをご使用の方は、イメージサイズを640px✕960pxに修正して下さい。

【/Bundles/com.apple.springboard/WallpaperGradientPortraitTop@2x~iphone.png"】
Wallpapergradientportraittop2xiphon


② iOS標準アプリアイコン透過
各種iOS標準アプリアイコンを透過する場合には、以下の表を参考にファイルを配置します。
電話、メール、Safari、ミュージック、メッセージは同梱されていますので、環境に合わせて"/Bundles"配下に配置して下さい。

アイコンラベル 透過ファイル
電話 /Bundles/com.apple.mobilephone/icon@2x~iphone.png
メール /Bundles/com.apple.mobilemail/Icon@2x.png
Safari /Bundles/com.apple.mobilesafari/icon@2x.png
ミュージック /Bundles/com.apple.mobileipod/icon@2x.png
メッセージ /Bundles/com.apple.MobileSMS/icon@2x.png
カレンダー /Bundles/com.apple.mobilecal/icon@2x.png
写真 /Bundles/com.apple.mobileslideshow/Photos@2x~iphone.png
カメラ /Bundles/com.apple.camera/Camera@2x~iphone.png
ビデオ /Bundles/com.apple.videos/icon@2x.png
Passbook /Bundles/com.apple.Shoebox/icon@2x.png
株価 /Bundles/com.apple.stocks/icon@2x.png
マップ /Bundles/com.apple.Maps/Icon-57@2x.png
天気 /Bundles/com.apple.weather/Icon-Celsius@2x.png
メモ /Bundles/com.apple.mobilenotes/icon@2x.png
リマインダー /Bundles/com.apple.reminders/icon@2x.png
時計 /Bundles/com.apple.mobiletimer/icon@2x~iphone.png
計算機 /Bundles/com.apple.calculator/icon@2x.png
コンパス /Bundles/com.apple.compass/Icon@2x.png
ボイスメモ /Bundles/com.apple.VoiceMemos/icon@2x.png
iTunes Store /Bundles/com.apple.MobileStore/icon@2x.png
App Store /Bundles/com.apple.AppStore/icon@2x.png
ゲームセンター /Bundles/com.apple.gamecenter/icon@2x.png
設定 /Bundles/com.apple.Preferences/icon@2x.png
連絡先 /Bundles/com.apple.MobileAddressBook/icon@2x.png

③ その他アプリアイコン透過
TwitterやFacebook等のアプリを透過する場合は、"/Icons"配下に「アプリラベル名」+「.png」の透過ファイルを配置することにより、アイコンを透明出来ます。
サンプルとして、Tweetbot.pngとFacebook.pngが同梱されていますので、使用環境に合わせてコピー&リネームして下さい。
また、「Winterboard」にて、「SummerBoard Mode」が"ON"になっていることを確認下さい。
※この設定を行わないとアイコンが透過されません。

④ フォルダ内の小さいアイコン透過
"NoFolderPreview iOS6.dylib"を"/Library/MobileSubstrate/DynamicLibraries"に配置して、Respringして下さい。
詳しくは、iPhoneカスタマイズ~フォルダ内の小さいアイコン透過方法 - iOS6~を参照下さい。

⑤ アイコンラベルの透過(消す)
「Info.plist」で設定が出来ると思っていたのですが・・・iOS5の時同様"Shrink"にて行なっています。
アイコンラベルを消せるアプリは多数ありますので、そちらでの対応をお願いします。


上記が完了したら、"dBar [One] - EZ WP for iOS6.theme"を、iPhone上の下記ディレクトリに配置し、WinterBoardから"dBar [One] - EZ WP for iOS6"を有効にして下さい。

/var/stash/Themes.XXXXXX/

XXXXXX」は使用環境により異なります。(英数字の羅列)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~OpenNotifier - ステータスバーに不在着信・SMS・未読メール等のアイコン表示~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 6.1.2
・脱獄:「evasi0n」にてJailBreak済
・その他アプリ:OpenNotifier 1.1.3

ステータスバーへ不在着信、SMS、未読メール等の通知アイコンを表示出来る"OpenNotifier"をインストールしました。
なお、このアプリはバッチ通知されてものについて、ステータスバーにアイコンを表示させるため、「設定」→「通知」内の「通知センターで表示するApp」にて、「Appアイコンバッチ表示」を"ON"にして下さい。

Img_0068


以下設定方法、および設定項目の説明です。

CydiaからOpenNotifierをインストールします。
(↓いえいえ、こちらこそズボラですみません。。。)

Img_0079


OpenNotifierをインストールすると「設定」に追加されます。

Img_0072


設定画面は以下のようになっています。

Img_0073


設定項目 設定値 説明
General Enabled ON OpenNotifierの有効/無効。後述の[表示例]の項目を参照下さい。
OFF
→Align Left ON 通知アイコンをステータスバーの左側に表示させる/させない。後述の[表示例]の項目を参照下さい。
OFF
Silent Mode Icon ON サイレントモード(マナーモード)アイコンの有効/無効。後述の[表示例]の項目を参照下さい。
OFF
→Align Left ON サイレントモード(マナーモード)アイコンをステータスバーの左側に表示させる/させない。後述の[表示例]の項目を参照下さい。
OFF
Pseudo-Badges - バッジ通知に対応していないアプリでも擬似的にバッチ通知させる。※使うことはないと思います。
Notifications Apps - 後述の[Apps]の項目を参照下さい。


[Apps]
以下の画面にて、ステータスバーに表示させたいアプリを選択します。

Img_0076


以下の画面にて、ステータスバーに表示させるアイコンを選択します。
OpenNotifier標準では、Twitter・Facebookのアイコンがないため、以下を追加しています。
・Twitter Logos for OpenNotifier
・Facebook Logo for OpenNotifier

Img_0077


[表示例]
設定項目の「General」-「Enabled」、「Silent Mode Icon」を"ON"(" →Align Left"は"OFF")に設定し、メール・サイレントモードを表示させた場合

Img_0081


設定項目の「General」-「Enabled」、「Silent Mode Icon」を"ON"、" →Align Left"も"ON"に設定し、メール・サイレントモードを表示させた場合

Img_0080


別の機会にて記事にしようと思っていますが、ステータスバーに通知関連のアイコンを表示させることは、私にとって非常に重要なことなんです。
以前は、"Notifier+"を使用していたのですが、iOS6で動作しないため、現在はこちらを利用しています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~ロック解除スライダー変更 - Tap To Unlock Padlock iOS6~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 6.1.2
・脱獄:「evasi0n」にてJailBreak済
・その他アプリ:WinterBoard 0.9.3911

iPhoneカスタマイズ~ロック解除スライダー変更 - Tap To Unlock~にて、紹介したTap To UnlockのテーマをiOS6用に修正しました。

Img_0061


iOS5時のテーマをそのまま適応すると、ロック画面に線が入ってしまいます。

Img_0051

Img_0052


この線は「・・・/UIImages/UINavigationBarShadow@2x.png」にて透過します。

Img_0058

Img_0054

iOS6対応完了!と思ったところ、アラームが鳴った時に醜い表示が・・・
iOS5の時もあったのかな???

Img_0056


これを解決するために2つ程試しました。

① Localizable.strings編集
iOS標準の時計アプリにて使用しているファイルを編集して、"アラーム停止"をnull化します。
時計アプリのパスは、"/var/stash/Applications.XXXXXX/MobileTimer.app"になり、ここの各言語のディレクトリ配下のファイルを編集します。
当たり前ですが、ファイルを編集する前に、オリジナルファイルのバックアップ(コピー)は取得しておきます。
※上記、「Applications.XXXXXX」の「XXXXXX」は使用環境により異なります。(英数字の羅列)

なお、日本語の場合には、以下のファイルになります。
/var/stash/Applications.XXXXXX/MobileTimer.app/Japanese.lproj/Localizable.strings

【変更箇所】
"ALARM_LOCK_LABEL" = "アラーム停止"
        ↓
"ALARM_LOCK_LABEL" = " "

Img_0060


上記対応により、「アラーム停止」の文字は消せるのですが、タップではなく南京錠が若干右にスライドして、アラーム停止となります。
うーん・・・非常に微妙です。

Img_0056_2


② bottombarknobgray@2x.png修正
南京錠の画像「・・・/Bundles/com.apple.TelephonyUI/bottombarknobgray@2x.png」を「アラーム停止」がディスプレイに表示されないくらいにの大きい(長い)ものに修正します。
修正したファイルがこちらです。

Bottombarknobgray2x_tmp


人によっては気にならないかもしれませんが、bottombarknobgray@2x.pngの横サイズを変更した関係で、ロック解除のタップ感度が若干悪くなったような気がします。

他に方法があるのかもしれませんが、私のスキルではここまででした・・・で、個人的に、②の問題(?)が非常に気になるので、①にて対応しています。

なお、例により稼働検証を100%行なっていませんが、作成した「Tap To Unlock Padlock iOS6」テーマをこちら置きました。
ダウンロードしたファイルを解凍後、"Tap To Unlock Padlock iOS6.theme"を、iPhone上の下記ディレクトリに配置し、WinterBoardから有効にして下さい。

/var/stash/Themes.XXXXXX/
XXXXXX」は使用環境により異なります。(英数字の羅列)

また、上記②で対応したい方は、画像ファイルが同梱されていますので、以下のようにファイルを置き換え(リネーム)して下さい。

bottombarknobgray@2x_tmp.png
        ↓
bottombarknobgray@2x.png



| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneカスタマイズ~DietBulletin - 通知バナーをステータスバーサイズに変更~

【注意事項】
以下の作業はiPhoneをJailBreakする必要があります。
この行為を行うと、アップルからのサポートを受けられなくなる場合があり、自由にアプリケーションを追加できる故にコンピュータウイルスなどのマルウェアの標的にされる危険性があります。
上記リスクを認識の上、JailBreakを行う際には、自己責任・自己解決でお願いします。
これらの行為により、いかなる被害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとします。

【環境】
・HW:iPhone 5
・OS(iPhone):iOS 6.1.2
・脱獄:「evasi0n」にてJailBreak済
・その他アプリ:DietBulletin 1.0

iOS5から通知センターが搭載され、色々と便利になりましたが、端末操作時に表示される通知バナーが絶妙に邪魔です。
以前は、"StatusBulletin"を使用して対応していたのですが、現在は"DietBulletin"を用いて通知バナーをスリム化しています。

以下設定方法、および設定項目の説明です。

CydiaからDietBulletinをインストールします。

Img_0042


DietBulletinをインストールすると「設定」に追加されます。

Img_0043


設定画面は以下のようになっています。

Img_0044


設定項目 設定値 説明
Style Thin 通知バナーのスタイルを変更出来ます。スタイルの違いについては、後述の[Style]の項目を参照下さい。
Default
Status Bar
Application Titles - 通知する際、タイトルを表示/非表示を各アプリ毎に設定ができます。
Smart Titles ON 送信者/件名の表示/非表示が設定出来ます。「Twitter, Facebook, Foursquare, Instagram, PayPal, BeejiveIM and others」と記載されているので、対応アプリはこれらになると思います。othersって???
OFF
Scroll To End ON "ON"に設定すると、自動でバナーが閉じる時間になった場合でも、通知に入りきらなかった文章を最後までスクロールしてから閉じるようになります。
OFF

[Style]

・Default ・・・ iOS標準サイズです。
Img_0049

・Thin ・・・ "Default"と比較して、スリムになります。
Img_0048

・Status Bar ・・・ "Thin"より、若干スリムになり、表示される色が異なります。
Img_0047

※TRFデビュー20周年だそうで・・・おめでとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧